ホーム > まちむら交流きこう事業紹介トップ > 子ども農山漁村交流プロジェクト

農家泊した子ども達と受け入れた農家のお父さん

子ども農山漁村交流プロジェクト

 子ども農山漁村交流プロジェクトとは、平成20年度から総務省・文部科学省・農林水産省が小学校5年生(1学年)程度の児童を対象にした“農山漁村でのふるさと生活体験活動(農林漁家泊を含む)”を推進する取組です。現在では環境省も参画しています。本機構は、本プロジェクトの開始以来、全国の受入地域協議会の登録と基本情報の公開、受入地域の体制整備に関する助言、学校関係者等への普及活動等に努めています。

~子どもたちのために!農山漁村のために!~

子どもたちが学校行事等の一環で、農山漁村でのふるさと生活体験活動(農林漁家泊型教育旅行)に取り組むことを推進しています!

受入地域の支援と学校等への普及

本機構では次の業務を行っています。

1.受入地域協議会等の登録

1)全国受入地域協議会紹介サイトへの登録
・ご登録の対象:当該プロジェクトの受入可能な体制が整っている受入地域協議会
・登録料:無料
 ※現在、全国約180箇所の受入地域協議会に登録いただいています。
【登録後のメリット】
インターネットでの登録受入地域協議会の各種情報の公開(コーディネートシステム)
グリーン・ツーリズム総合保障制度(損害保険)の加入対象者になれること
各種事業・研修等の情報の提供等

(2)受入体制整備サポート制度の登録
・ご登録の対象:当該プロジェクトの受け入れを検討し、体制整備が必要な地域の団体等
【登録後のメリット】
 :
グリーン・ツーリズム総合保障制度(損害保険)の加入対象者
 :各種事業・研修等の情報の提供等


2.受入体制の整備・資質向上の支援(講師派遣、助言等)
:専門の職員が受入体制の整備・資質向上に係る講師派遣、ご相談にお応えしています。
  

3.受入地域協議会の利活用の促進(学校関係者等への情報公開等)
:学校関係者等(旅行会社を含む)向けに受入地域協議会の情報の公開・紹介等を行っています。

ご相談窓口

 (一財)都市農山漁村交流活性化機構では、農山漁村でのふるさと生活体験活動の普及を図る中間支援組織として、学校等関係者や受入地域関係者等からのふるさと生活体験活動の取り組みに係るご相談にお答えしています。

●相 談 料: 無料
●受付時間: 9:30~17:45(土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除く)
●問い合わせ先
   (一財)都市農山漁村交流活性化機構(愛称:まちむら交流きこう)
    子ども農山漁村交流プロジェクト担当
   〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町45 神田金子ビル5階
   TEL 03-4335-1987 (FAX 03-5256-5211)
   E-Mail kodomo@kouryu.or.jp

書籍のご案内

文部科学省委託業務「長期宿泊体験の調査研究に係るアンケート調査」ご協力に係る御礼

アンケート調査は終了しました。登録いただいている受入協議会関係者の皆様、ご協力いただきましてありがとうございました。

平成28年8月10日、「沖縄県子ども農山漁村交流プロジェクトセミナー」開催概要

沖縄県、今帰仁村、今帰仁村観光協会のご協力により終了いたしました。
開催概要(343KB)

まちむら交流きこうの事業

  • オーライ!ニッポンWEBサイトオーライ!ニッポンWEBサイト
  • グリーン・ツーリズムインストラクター育成スクールグリーン・ツーリズムインストラクター育成スクール