地産地消・地域連携講習会 開催のご案内

2013.01.17
[地域:関東]

開催概要

 輸入農産物に対する不安を背景に国産農産物の需要が高まるなか、生産者・消費者の双方から支持されているのが「地産地消」の取り組みです。地域で採れた農産物を地域で消費する「地産地消」は、味や鮮度の良さ、産地が近い安心感、流通コストが上乗せされていない値頃感などにより、消費者の支持を集めています。また、消費者ニーズに呼応する形で、食に関わる事業者(製造・加工・小売・給食・外食・宿泊等)も地元産食材の活用による地産地消を志向した取組みは付加価値化や差別化になるとして積極的に進められはじめています。 この講習会では、地産地消を現場で推進する地産地消コーディネーターを育成するため、総合的な観点から地産地消を理解し、今後の各地域での地産地消連携体制の確立に資するものとします。

  1. 日程:平成25年2月20日(水)10:30~17:45
  2. 会場:エッサム神田ホール・2階「多目的ホール」(東京・神田)
    TEL:03-3254-8787
    東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2(JR・地下鉄神田駅よりすぐ)
  3. 受講対象:地域において地産地消を推進する人材、地産地消コーディネーターを目指す人材※各講座の部分参加はご遠慮下さい。
  4. 募集人員(定員):80名
    ※申込締切は2月15日(金)です。定員に達し次第、締切とさせて頂きます。
  5. 参加費等:無料
  6. 申込方法:申込用紙に必要事項を記入の上、FAXもしくはメール送信にてお申し込み下さい。
    申込用紙は当機構のホームページからも入手できます。
      (※申込確認後、事務局より受付メールをお申込者様にお送りします)
  7. その他:
      ・昼食は休憩時間中に各自でお取り下さい。
      ・宿泊が必要な方は、各自でご手配下さい。




講習会内容


  • 第1講義 総論「地産地消の動向と課題」
    講師:東京農工大学大学院教授 野見山敏雄 氏
  • 第2講義「地産地消における農産物直売所の役割」
    講師:(株)シンセニアン代表取締役 勝本吉伸 氏
  • 第3講義「地産地消の学校給食・食育活動」
    講師:食ジャーナリスト 金丸弘美氏
  • 第4講義「地産地消による食と商品開発」
    講師:山際食彩工房代表 山際博美 氏
  • 第5講義「地産地消による生産振興と地域内連携」
    講師:コスモファーム代表 中村敏樹 氏


申込・問い合わせ先

地産地消・地域連携講習会事務局

(財)都市農山漁村交流活性化機構(まちむら交流きこう)
プロジェクトきこう部 地産地消チーム
〒101-0042東京都千代田区神田東松下町45番地 神田金子ビル5階
電話:03-4335-1983 Fax:03-5256-5211
E-mail:chisan@kouryu.or.jp ※メール送信時、“@”を半角にして下さい。