平成24年度 地産地消活動調査報告会

2013.01.22

「地産地消の給食事業を現場の取組みに学ぶ」

趣旨


 地域で生産された農林水産物の地域内消費・活用を進める地産地消が全国各地で盛んになっています。(財)都市農山漁村交流活性化機構では、本年度、学校給食及び事業所など集団給食の地産地消の取組みに関する現地調査及び自治体アンケート調査を実施し、集団給食の現場で進められている地産地消の取組実態や課題を探りました。
 本調査結果等を広く共有し、給食事業をはじめとする地産地消活動の新たな展開や課題解決に役立てられることを目的に調査報告会を開催します。現場の取組みを実践者の皆様に学ぶ貴重な機会となりますので、地産地消活動を推進される皆様、関心をお持ちの皆様のご参加をお待ちしています。



開催日時・場所

平成25年2月19日(火)13:00~17:45

エッサム神田ホール・2階「多目的ホール」
 東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2(JR・地下鉄神田駅よりすぐ)


エッサム神田ホール



参集範囲・定員・参加費


地産地消の推進を進める関係者(行政、事業者、教育関係者、JA、生産者等)、地産地消活動の推進に関心を持つ方(企業、学生、一般)等、どなたでも参加出来ます(事前登録制)
■定員80名(参加費無料) ※参加締切は2月15日(金)



プログラム


  敬称略
12:00 会場
13:00 開会
13:10 「地産地消活動の推進に関する自治体アンケート調査・中間報告」(20分)
・京都府立大学講師   中村 貴子 (調査委員)
13:30 「メルクが進める地産地消の給食事業」(30分)
・(株)メルク 代表取締役   重石 桂司 (岩手県盛岡市)
14:00 「小諸厚生総合病院における地産地消の取組み」(30分)
・小諸厚生総合病院 栄養科長   柳沢 喜美子(長野県小諸市)
====休憩====
14:40 「堀場製作所が進める地産地消と地域連携」(30分)
・(株)ホリバコミュニティ 取締役統括部長   山本 和也 (京都市)
15:10 「埼玉県学校給食会が進める地産地消」(30分)
・(公財) 埼玉県学校給食会 常務理事       大澤 次夫 (埼玉県)
15:40 「総合フードサービスが進める地産地消」(30分)
・(株)総合フードサービス 代表取締役      長嶋 信司 (新潟市)
====休憩====
16:20 全体意見交換(70分)
「地産地消による給食事業を持続的に進める工夫と秘訣」
 パネリスト:報告者および調査委員
 コーディネーター :産直新聞社 代表取締役  毛賀澤 明宏 (調査委員)
17:30 総括まとめ       筑波大学名誉教授     永木 正和 (委員長)
17:45 閉会



お申込み・お問い合わせ先

お申し込み方法

 参加申込書に必要事項をご記入の上、事務局までお申し込み下さい。
 申込締切は平成25年2月15日(金)とさせて頂きます。ただし、定員になり次第締め切りとさせて頂きますので、お早めにお申し込み下さい。
 申込書の受領確認後にメールをお送りします。申込後1週間をすぎてもメールがない場合はご連絡下さい。
 複数名のご参加の場合は連名での記載で結構です。確認メールは筆頭に記載されている方にお送りします。


事務局

(財)都市農山漁村交流活性化機構(まちむら交流きこう)
 プロジェクトきこう部 地産地消チーム
〒101-0042東京都千代田区神田東松下町45番地 神田金子ビル5F
電話:03-4335-1983 Fax:03-5256-5211
E-mail:chisan@kouryu.or.jp※メール送信時に、“@”を半角にして下さい。